東京で甲状腺検査をする場合の注意点

甲状腺検査 東京

甲状腺とは、新陳代謝を促進するホルモンが出ているところです。甲状腺から出るホルモンを甲状腺ホルモンといいます。甲状腺ホルモンは生命活動において必要不可欠で、甲状腺ホルモンがなくなると数か月しか生きていけないそうです。正常な甲状腺は触ると柔らかく、触ってもわかりません。しかし、腫れてくると触って確認することができ、大きくなるとクビを見ただけでも分かるくらいになるそうです。甲状腺に不調をきたすと様々な症状がでます。甲状腺ホルモンが多かったり、少なかったりすると全身に様々な不調が起き、体調不良が続いたり、疲れがとれない状態になってしまいます。大事な甲状腺が不調をきたす前にしっかり甲状腺検査をしたいですが、いざ検査するとなるとどこで検査していいかも分かりません。東京で甲状腺検査をするにはどうしたらいいでしょうか。

甲状腺検査を受ける際の注意点とは

まず、甲状腺検査をするには何科に行ったらいいのでしょうか。甲状腺検査は、内科、もしくは内分泌、・代謝を扱う科を受診します。内分泌代謝の専門の先生は、糖尿病を専門にしている先生も多いようなので一度病院に問い合わせてみるのがいいかもしれません。内分泌代謝科とはあまり聞きなれませんが、東京には甲状腺検査をしてくれる内分泌科がある病院や、内分泌科専門の病院なども意外と多くあるようで一度調べてみることをおすすめします。甲状腺の病気はほかの病気と間違われやすいようで、他の科を受診して検査をしても異常が見当たらなかったり、治療しても一向に良くならないということもあるそうです。今の治療で良くならず、甲状腺検査もしたいと思う方は、独断で決めずに主治医の先生に相談して紹介しもらうのがよさそうです。

甲状腺検査はどのようなことをするのか

甲状腺検査の主な検査は、血液検査、超音波検査、心電図検査、エコー下穿刺吸引細胞診検査などがあるようです。他にも色んな検査の仕方がありますし、勿論、症状によって検査内容は変わってくると思います。詳しくは病院で説明があると思いますが、首元を検査するので検査しやすい服装で行くといいと思います。まだ詳しくはわかっていませんが、家族に甲状腺疾患の方がいると発症しやすいと言われています。症状が現れない人もいるそうで、病気になっていたとしても気づかずそのまま何十年も過ごす人も少なくないそうです。そのため、遺伝率の正確な数字などは詳しくは出ていないそうです。様々な不調が出る、甲状腺の病気。東京には甲状腺検査の病院は意外と多いようです。心配な方は、一度調べてみるのがいいかもしれません。